キャッシング 申込必要書類

キャッシングの申込に必要な書類

キャッシングの申込に必要な書類

様々なサービスを利用するときに、何らかの書類を準備しなくてはいけないことが普段の生活ではよくあります。たとえばレンタル店の会員になる場合を考えてみましょう。申込む方に何らかの責任を負わさなければいけない立場になるときに、書類が必要になってきます。レンタルした物の扱いに対して責任を持つ必要があるということです。

 

これはキャッシング即日の利用についても同様です。借りたお金を返さなければいけない、という責任を負うことになるので、書類が必要になってきます。キャッシングの審査を受ける上で必要な書類について見てみましょう。

 

本人確認書類

どこのキャッシング会社でも、通常は本人確認書類は必ず必要になります。運転免許証があれば大丈夫ですが、運転免許証を所有されていない方は、健康保険証、パスポートなどを準備する必要があります。また外国籍の方は、永住証明証や外国人登録証明証などが必要になります。

 

注意しなければいけない点は、記載されている現住所です。引っ越しして間もない場合などで、まだ証明証の住所変更を完了させていない場合には、最新の住所を確認できる以下の書類が必要になってきます。

 

  • 国税または地方税の領収書または請求書
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書または請求書
  • 公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHKなど)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

 

これらの書類は発行日から数ヶ月以内でなければいけませんので注意しておきましょう。

 

収入証明書類

審査で一番重要なポイントは、きちんと返済できるのか、ということです。返済に必要なのは申込人の収入状況であり、その確認書類が必要になってきます。以下の書類を準備して、審査に備えるようにしておきましょう。

 

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1ヶ月分、「住民税(地方税)」の記載がない場合には直近2ヶ月分、賞与明細書がある場合には直近1ヶ月分)
  • 市民税・県民税決定通知書
  • 課税証明書(または通知書)
  • 所得証明書(または通知書)

 

収入証明証が必要になる申込金額は、各社によって異なっています。これは「改正貸金業法」における「総量規制」の中に、書類の提出を義務付ける文言が入っていることも影響しています。そこで主な会社の、収入証明書類の必要条件を見てみましょう。

 

  • プロミス: 申込金額50万円超、もしくは申込金額と他社の借入金額の合計が100万円超
  • アコム:申込金額50万円超、もしくは申込金額と他社の借入金額の合計が100万円超
  • 新生銀行カードローンレイク:申込金額100万円超
  • 楽天銀行スーパーローン:申込金額200万円超
  • 住信SBI銀行フリーローン:申込金額100万円超

 

審査をスムーズに進めるために

これらの必要書類がなければ、審査が進むことができません。急いでおられる場合ほど、確実に準備して、審査をスムーズに進めるようにしましょう。

 

必要書類はコピーでOKな場合と、原本が必要になる場合があります。最近では不正を防止する理由で、原本を求められることも多くあるようです。できることならば原本を準備して審査に臨むようにしておきましょう。

銀行カードローンと消費者金融の違いは?

最近、テレビでカードローンのCMが増えたなあと感じることはありませんか?消費者金融大手のプロミスやアコム、アイフル、モビットなどはもちろんですが、銀行カードローンのCMも三菱東京UFJ銀行とか三井住友銀行とかオリックス銀行カードローンとか流れていますよね。とくに新生銀行カードローンレイクなど、大手消費者金融でしたが今現在は銀行のカードローンブランドの一つとなっているものなど、銀行カードローンと消費者金融の関係って少しわかりづらいところがありますよね。

 

今は銀行の系列などに入っている消費者金融のカードローンですが、もともとはサラ金などと呼ばれていたわけですし、同じカードローンという商品な訳ですから○○銀行カードローンといっても結局消費者金融と変わらないのでは?と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、銀行カードローンと消費者金融のカードローンとでは大きな違いがあります。それは、適用される法律の違いです。双方同じ『カードローン』という商品ですが、銀行カードローンは銀行が融資する商品なので銀行法、消費者金融のカードローンは銀行傘下であろうと消費者金融、つまり貸金業者が融資している商品なので貸金業法の適用になります。

 

貸金業法には総量規制というものがあり、個人の借入れ総額が年収の3分の1までに制限されるしくみが適用されるため、消費者金融での借入れ額には基本的にはこうした制限がついてくるのです。銀行カードローンはそもそも貸金業法下にはないため、総量規制の影響は受けません。

 

また、そうした性質の違いの他、金利も違いがあります。消費者金融の上限金利は18%程度のところがほとんどなのに対して、銀行カードローンの上限金利は14%台のものが多く、ずっと低金利ですよね。消費者金融の金利は、法律で20%と上限が決められていてそれ以上での貸付けになりますと刑事罰の対象となります。もっと細かくいうと、10万円以上100万円未満の場合には18%が、100万円以上の場合には15%が上限金利です。

 

なぜ銀行カードローンは低金利で消費者金融は金利が高いのか?その理由は、低金利な銀行カードローンは利用者をかなり厳選して選んでいるからです。銀行カードローンの場合にはお金を貸す人を厳選して貸し倒れリスクを低くしているから、利息収入が少なくても大丈夫となり、低い金利が実現できるというわけなのです。対して消費者金融のカードローンは金利は高いですが借入れ可能な人の範囲が広く、多くの人が利用することができます。パートやアルバイト、学生でも審査は銀行よりずっと通りやすいです。

 

確かにカードローンという商品としては同じものではありますが、銀行と消費者金融とではやはり違いがあるようです。金利が低いから、安心感があるから、と銀行カードローンを選ぶ方も多いですし、総量規制対象外のローンとして銀行カードローンを選ぶ方もいらっしゃいます。銀行カードローンと消費者金融のカードローン、機能としては同じものであっても、違うものと捉えている方が多いようです。

キャッシングの申込に必要な書類の更新情報